FC2ブログ
お手軽、最初のたった数分の作業で10%超の利回り不労所得生活へ FX自動売買ソフト無料体験!!今までに負けたお金を取り戻す「ユーロくん」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by erisiia
 
[スポンサー広告
機動戦士ガンダム00 全話
機動戦士ガンダム00
機動戦士ガンダム00

新型モビルスーツ(以下“MS”)の公開軍事演習を行っていたAEUは、突如所属不明のMS2機の襲撃を受ける。額に“GUNDAM”と刻印されたそれらの機体は、圧倒的な機動性と攻撃力でAEUのMSを破壊していった。同じころ、人類革新連盟の宇宙ステーションを襲撃したテロリストを、同様の刻印が施された別の2機が迎撃し、多数の市民の命が救われた。

この騒動にメディアが沸き立つ中、世界に向けて1つの声明が発表される。4機のMS「ガンダム」を所有する私設武装組織「ソレスタルビーイング(以下“CB”)」は、戦争・内乱など世界中のあらゆる武力紛争に同じ武力をもって介入し、戦争根絶を目指す集団であるという。それは「平和のための武力行使」という矛盾を抱える行為である。

莫大なエネルギーを生み出す"太陽炉"を搭載した4機のガンダムを操るのは、刹那、ロックオン、アレルヤ、ティエリアら4人のガンダムマイスター達。武力介入を行ないながらも、その最中にも人命救助を行なうなど、彼らの存在に世界は混乱。存在を否定するかのごとくテロが起きる一方、彼らを正義だと称える声も有り、賛否両論が巻き起こる。また普通の学生の沙慈も世界の変革へと徐々に巻き込まれていく。

各国家群は己の威信をかけ、ガンダムを手に入れようと様々な作戦を実行。各国のエースパイロット達も出撃するが、ガンダムとの性能差の前にことごとく敗北、CBは着実に武力介入を達成していった。そうした中で、各国家群は合同軍事演習を名目に、大規模なガンダム鹵獲作戦を決行。圧倒的な物量を前に遂にガンダムも敗北するかと思われたその時、トリニティを名乗る新たなガンダムマイスター達が出現する。彼らによって窮地を救われた刹那達だったが、彼等はこれまでの武力介入を手緩いものと考えており、過剰な武力介入を始めた。

民間人をも巻き込む彼らの武力介入によって、市民はCBを憎悪し始める。その裏ではCBの監視者のアレハンドロの裏切りによって"擬似太陽炉"が各国家群へと渡っていた。トリニティによる過激な武力介入はアレハンドロの計略であり、国連軍結成を促し世界を支配するための布石だった。さらには協力者のリボンズによって、計画の要の量子コンピュータ『ヴェーダ』も掌握されてしまう。

擬似太陽炉搭載機を手に入れた各国家群は国連軍を組織し、ガンダム殲滅作戦「フォーリン・エンジェルス」を決行する。CBの計画は破綻し、仲間を次々と失いながらも、戦いの果てに平和があると信じ、刹那達は最終決戦へと挑む。死闘の末にアレハンドロは倒されるが、CBも壊滅的な打撃を受け、メンバーも離散することとなる。

ファーストシーズン

Gundam00 1
Gundam00 2
Gundam00 3
Gundam00 4
Gundam00 5
Gundam00 6
Gundam00 7
Gundam00 8
Gundam00 9
Gundam00 10
Gundam00 11
Gundam00 12
Gundam00 13
Gundam00 14
Gundam00 15
Gundam00 16
Gundam00 17
Gundam00 18
Gundam00 19
Gundam00 20
Gundam00 21
Gundam00 22
Gundam00 23
Gundam00 24
Gundam00 25

セカンドシーズン
機動戦士ガンダム0022

4年が経過した西暦2312年。各国家群が地球連邦として統一され、世界は一つになったかに見えた。しかしその裏では、独立治安維持部隊『アロウズ』によって、反政府組織や主義・思想への弾圧や虐殺が行なわれ、世界は歪んだままであった。

夢を叶えて宇宙技術者にとなった沙慈はアロウズによる弾圧に否応無く巻き込まれ、国連軍との決戦を生き延びた刹那は歪んだままの世界に立ち上がり再び戦いへと身を投じていた。

アロウズによって捕えられていた沙慈と偶然再会した刹那は彼を救出。満身創痍のガンダムを駆るが、すでにアロウズの機体は従来のガンダムの性能を超えており、苦戦を強いられついに大破。しかし、かつての決戦を生き延びたCBのメンバーの助けによって窮地を脱出。前の戦いで死亡したロックオンことニールに代わり弟のライルを加え、続けてアロウズに捕えられていたアレルヤを救出。新しいガンダムを得、CBは打倒アロウズに向け活動を再開、反政府勢力『カタロン』と合流する。

だが、戦いに巻き込まれ家族を失い恋人とも別れた過去を持つ沙慈は、未だ戦いをやめようとしない彼らに反発し、戦いを拒否し連邦へ助けを求める。しかしその行動が原因でカタロンの基地が襲撃され、多数の人命が失われてしまった。その軽率な行動を「無自覚な悪意」だとティエリアに責められ、戦いを避け続けてきた彼は激しく苦悩する。しかしかつての恋人ルイスが、家族の復讐のためアロウズに所属していることを知り、彼女を救うため「守るための戦い」をすることを決意する。

調査の末アロウズの首魁が、イオリアの真の計画のために生み出されたイノベイターであり、かつて世界を支配しようとしていたアレハンドロすらも手駒として操っていたリボンズであることを突き止める。倒すべき敵を見つけたものの、アロウズは日増しにその力を強め、ついには衛星兵器「メメントモリ」によって中東の一国を滅ぼすほどとなっていた。情報統制によって真実は世界に伝えられぬままではあったが、歪みは連邦内でも確実に広まっていた。

CBがメメントモリの破壊に成功してから数日。連邦内でクーデターが起こり、市民6万人が人質にとられアフリカの軌道エレベーターが占拠された。彼らの目的は人質たちにアロウズの蛮行を伝え、真実を世に知らしめることだった。しかし、アロウズは真実が暴露される前に、密かに建造していたもう1基のメメントモリで人質ごと軌道エレベーターを破壊することを決定。刹那は再びメメントモリの破壊へと向かうが、射線を逸らすことはできたものの、発射は阻止できず、軌道エレベーターは崩壊し、地表には無数の破片が降り注ぐ大惨事へと発展した。この時、正規軍・アロウズ・カタロンが協力して破片落下阻止に当たった。後に「ブレイク・ピラー」と呼ばれるこの事件で、皮肉にも人々の意思が一つとなっていた。

「ブレイク・ピラー」事件から4か月。CBは2基目のメメントモリの破壊を成功させ、『ヴェーダ』奪還のために動き出した。さらに事件を機に決起した正規軍も加わり、アロウズ・イノベイターとの決戦が行われる。戦いは、自分こそが人類を導く存在だと自負するリボンズと、歪みを断ち切るために戦う刹那との一騎討ちによって締め括られる。

Gundam00 S2 1
Gundam00 S2 2
Gundam00 S2 3
Gundam00 S2 4
Gundam00 S2 5
Gundam00 S2 6
Gundam00 S2 7
Gundam00 S2 8
Gundam00 S2 9
Gundam00 S2 10
Gundam00 S2 11
Gundam00 S2 12
Gundam00 S2 13
Gundam00 S2 14
Gundam00 S2 15
Gundam00 S2 16
Gundam00 S2 17
Gundam00 S2 18
Gundam00 S2 19
Gundam00 S2 20
Gundam00 S2 21
Gundam00 S2 22
Gundam00 S2 23
Gundam00 S2 24
Gundam00 S2 25


過去の作品

機動戦士ガンダム

機動戦士Zガンダム

機動戦士ZZガンダム
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
機動戦士ガンダム0080-ポケットの中の戦争ー

機動戦士ガンダムF91
機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
機動戦士Vガンダム

機動戦士ガンダム 第08MS小隊
機動武闘伝Gガンダム

新機動戦記ガンダムW

機動新世紀ガンダムX
∀ガンダム

機動戦士ガンダムSEED
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
Posted by erisiia
comment:1   trackback:0
[ガンダム00 全話
comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/23 16:54 | | edit posted by
comment posting














 

trackback URL
http://gundamoll.blog112.fc2.com/tb.php/10-a71f67e2
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。